それは、ドレスウォッチの代名詞的存在・デイトジャストです。

最近、新型コロナウイルスから中国やアジア各国が持ち直してきたことも相まってか、またロレックス相場が高騰-しかも過去類を見ない急騰-しています。

そんな中、デイトジャストだけは安定した価値を誇っている。これってかなりすごいことです。デイトジャストは情勢や他モデルの相場に左右されない、ということを意味します。

この記事では、資産価値の観点でデイトジャスト推しをする理由やデイトジャストそのものの魅力、そして価格が上昇しやすいモデルをご紹介いたします。

1.2022NEW ロレックス サブマリーナーデイト 126610LV

2022年発表の新世代モデル【126610LV オイスターパーペチュアル サブマリーナーデイト】。
ケースサイズを1mmアップの41mmに設定し、逆回転防止ベゼルには耐久性に優れたグリーン・セラクロムベゼルインサートを備えます。
また、前モデルのがっしりとしたラグは、強靭性は残したままスマートなデザインに変更されました。
インデックスと針に塗布されたクロマライト・ディスプレイは、暗闇の深海においても高い視認性が確保されます。
ムーブメントには耐衝撃性に優れたブルーパラクロム・ヘアスプリングを備えた70時間パワーリザーブの自社製自動巻きキャリバー3235を搭載します。

2.ロレックス コスモグラフ デイトナ スーパーコピー ウォッチ_ M116505-0008

ロレックス コスモグラフ デイトナ ウォッチ_ 18 ct エバーローズゴールド – M116505-0008
18 ct エバーローズゴールドのオイスター パーペチュアル コスモグラフ デイトナは、ブラック/ピンクダイアルとオイスターブレスレットを備え、18 ct エバーローズゴールドタキメーターベゼルが特徴的である。

このクロノグラフは、我慢強いレースドライバーの究極の計時ツールとなるようにデザインされた。コスモグラフ デイトナは、誕生から50年以上経ってもなお、スポーツクロノグラフにおける比類なき存在として君臨し、時間を超越し続けている。

3.素敵な ロレックス GMTマスターII ジュビリーブレス 126710BLNR【スーパーコピー】

バーゼルワールド2021のメインモデル。新世代ムーブメントを搭載し、生まれ変わったバットマン
「やはりきたか」この新作を前に、しばし思いに駆られたものです。 ロレックスは昨年同様、バーゼルワールド2021においても新作GMTマスターIIを打ち出しました。 「次のGMT新作は黒ベゼルか、青黒ベゼル―通称バットマンか」バーゼル前夜にはこういった予想が飛び交っていたので、順当な新作だと思います。 基本デザインは従来の116710BLNRと大きくは変わりません。 昨年ペプシモデルでレギュラーとして初登場した126710BLRO同様に、ジュビリーブレスレットを搭載させてきました。これも想定の範囲内でしょうか。 近年、セラクロムベゼルを搭載するなど、繊細な、しかしドラスティックなデザインイノベーションを行ってきたロレックスですので、思ったよりは無難な路線かな、とも思ったファンはいるかもしれません。 しかしながらロレックスはもともとオリジナルのデザインを踏襲しているところが大きな魅力。ファンも奇抜なデザインなどは望むところではありません。 また、展示されている実機を会場で見た限りでは、これまでのバットマン同様に非常に完成されたデザインに仕上がっており、これは人気が出るだろうな、と思いました。 細部を見るとアップデートが加わっています。その詳細は後述するとして、実はバーゼルワールドの喧騒のかたわらで、116710系が全て絶滅しているのではないか、という情報が飛び込んできました。もちろん、黒ベゼルも含めて。

【関連記事】:https://connifashion7.amamin.jp/

0 thoughts on “それは、ドレスウォッチの代名詞的存在・デイトジャストです。”

  1. その時計を振り返ることで、私は昔の自分、そして今の自分を知ることができた。ロレックスすべての時計には、何かしらのストーリーがあるのではないだろうか。たとえそれが、自分以外の誰かにとっては何の意味もないものであっても。私はそう思っている。

  2. コロナによって世界もライフスタイルも変化するなかで迎えた2022年。パートナーとして選ぶなら、強い力を秘め、永遠の輝きを放つダイヤモンドをあしらったジュエリーがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です