エルメス 2020年春夏メンズコレクション、軽やかな夏の空気を纏ったエレガンスな装い

エルメス(HERMÈS) 2020年春夏メンズコレクションが、フランス・パリのモビリエ・ナショナルで発表された。

軽やかな夏の空気を纏って
今季エルメスが提案するのは、軽やかで心地の良い夏の装い。パレットは、ベージュ、カーキー、グレーといったニュートラルカラーをベースに、爽やかなペパーミントやバブルガムローズ、コーンなどを差し色としてミックス。またゆったりとしたワイドパンツに、足元はサンダルというのが基本スタイルで、肩ひじ張らないリラックスしたムードがコレクション全体に流れている。

ラフな着こなしに宿る気品
トップスは、シャツ×シャツ又はシャツ×カーディガンなどレイヤードスタイルが主流。ボトムスにはタックインすることのないラフな着こなしなものの、たしかな気品を宿しているのはメゾンならではの成し得る技。身体と洋服の間に生まれる空間さえも計算した洋服は、風を含むたびに偶発的な美しいシルエットを描き、エレガンスなムードへと導く。

上質なレザーを多用
リネンやコットン、テクニカル素材など、夏らしさを助長する軽やかなファブリックに加え、メゾンを象徴するレザーを使用したアイテムも多数登場。赤のアスティカージュ(蝋止め)がアクセントになるベージュのレザージャケットや、柔らかなカーフスキン、フリースを想起させるメティスレザーを使用したアウターなどがラインナップ。またピンクのカシミアニットのカーディガンは、ブラックのラムスキンを丁寧に編み込んだ、精巧なクラフトマンシップが感じられる一着だ。
ストライプやチェック柄、グラフィカル模様など、コントラストをきかせた色彩がコレクションにリズムをもたらしていく。
中でもひと際目を惹いたのは、ショーの終盤を飾った“シルクスカーフ”柄のシャツジャケットやブルゾンといったアウター群。複数のアーカイブのスカーフを組み合わせたというこれらのワードローブは、馬具の金具やサーフボード、空想の動物たちといったモチーフを一着に共存させたプレイフルなデザインが特徴だ。ボトムスには、涼し気なストライプ柄のパジャマパンツを組み合わせて、軽やかな夏の装いを最後まで楽しんでいた。

ブルガリ オクト フィニッシモ オートマティック サンドブラスト 102912

ケース径:40.00mm
ケース厚:5.15mm
ケース素材:18K ピンクゴールド(極薄サンドブラスト加工)
防水性:30m
ストラップ:18K ピンクゴールド製ブレスレット
ムーブメント:プラチナ製マイクロローターによる自動巻き、機械式マニュファクチュールムーブメント、Cal.フィニッシモ BVL138
仕様:スモールセコンド

ニューヨーク、ブルックリン美術館にて開催されたファッション業界における権威ある賞、第37回CFDA Fashion Awards(CFDA ファッションアワード)に、NBAオクラホマシティ・サンダー所属のスター選手であるラッセル・ウェストブルックが、ブルガリの新作ブレスレットウォッチ「オクト フィニッシモ オートマティック サンドブラスト」を着用して登場しました。

Tudorが今年発表するウォッチの種類を予測するために詳細を使用することができます

舵は、その公式Insに新しい2019年の製品のスパイ写真を発表するのを待つことができません。過年度の伝統によると、このスパイ写真は新年のためのブランドの主な推進力でした。これはダイヤルの写真の一部にすぎませんが、Tudorが今年発表するウォッチの種類を予測するために詳細を使用することができます。

写真の最も明白な識別点は三角スケールです、そして絵の位置を考えると、この三角スケールは文字盤の9時の位置にあることがわかります。そして、三角スケールの私達の一般的な時計も文字盤の12時の位置にあります。

そのようなダイアルスタイルは間違いなくチューダーアンティークウォッチのRef 79090から派生しています。
世界中のウォッチャーが今年のチューダーサブマリーナーダイビングウォッチの発売を期待していると言っても過言ではありません。
しかし、今年の新しいTudor Ref.70150の正式リリース後、時計の目の多くは「低迷」しています。

このモデル、モデルRef.70150は、 “P01″と呼ばれるチューダーの現在販売中のBlack Bay Biwanシリーズの一部です。ブランドの代表的なスノーフレーク針とヴィンテージの昔風の石膏のはかりを除いて、それは明白な識別ポイントを持っています。最大の違いは通常の3時の代わりに4時です。

さらに、ケースとストラップの間の接続も隠されています。 12時位置の「金属製バッフル」はケースの近くにあり、持ち上げるとベゼルを自由に回転させることができ、押すとベゼルをロックすることができます。

読者の心ではないTudor SubmarinerダイビングウォッチのDudorバージョンを除いて、誰もが鈍いですもっと重要なことに、この “P01″と時計のリングで有名なロレックスの偽時計 “US MARINE” US Marine Corpsプロトタイププロトタイプテーブルはほぼ同じです。

物語は2004年にさかのぼります。今年の4月24日に、国際的に有名な時計オークション会社Antiquorumはロレックスを売りました。導入部によると、それはロレックスが米海兵隊のために作ったプロトタイプであり、「US MARINE」という文字は文字盤と裏表紙に記されていて販売されることはなかった。最後に、この非常にまれなロレックスは約800,000+の価格で販売されました。

同じ年に、Antiquorumは以前の “US MARINE”に似たTudor Ref7206を持ち続け、またUS Marine Corpsのプロトタイププロトタイプであり、最終的な取引価格は約20万元でした。 TudorとRolexは同じ会社に属しているので、誰もがこれら2つのモデルはほぼ正常であると感じています。

しかし、それからたくさんの “聴覚障害者”の事がありました…..
Ebay、フォーラム、そしてアンティークショップでは、ますます多くのRolex / Tudor商標となっている米海兵隊のプロトタイププロトタイプが、最も安い価格で数千元で入手可能です。この記事の公表のちょうど2か月前に、18,000の価格で売るeBayの上のビジネスがあります….

Prototypeプロトタイプはテスト用に作成された製品で、出力は非常に小さくなければならず、場合によっては1つだけです。非常に多くの量の突然の出現は、時計職人から多くの注目を集めました。

テーブルフレンズのマルチパーティ “リサーチ”を通じて、Antiquorumによって販売されている米海兵隊のプロトタイプは “偽時計”であったと考えられています、その動きと王冠は本物ですが、ユニークなケースそしてダイヤルは「考えている」。

大きな欠点の1つは、文字盤とボトムカバーの「US MARINE」という言葉です。アメリカの名前によると、海兵隊は「米海兵隊」または「海兵隊」と呼ばれ、それには「S」がありません。

後になっても、米海兵隊のプロトタイプ試作品の原産地は日本のコレクターによってベトナムの偽造工場で製造されたと言われていることが直接明らかにされた。

ロレックスと同じ舵Ref7206も寒い宮殿に打ち砕かれ、ベゼルの有名な「偽時計」となりました。よく知られているウォッチャーは、両方のウォッチを見たときに「わずかな笑顔」を見るでしょう。

今年、チューダーはこの「P01」を販売しましたが、それは物語を変えたと言え、歴史の中に存在していたことを証明しています。ブランドは意図的に今年のオリジナルウォッチを展示しました。

当時の特許図面も一緒に出版されていましたが、チューダーは1950年代後半からアメリカ海軍にダイビングウォッチを供給してきたと言われています。 1967年、チューダーは新しいテクノロジーウォッチの開発を見ました。それは米国政府の一連の技術仕様の要件を満たすだけでなく、チューダーエンジニアの高度な研究結果も反映しています。この研究開発プロジェクトは多くのプロトタイプ時計の誕生につながり、これまでに開示されていない機能特許を提案しました。残念ながら、 “Commando”というコードネームのこの大規模プロジェクトは保留になりました。 50年後の今日、チューダーの腕時計はほこりの多い記憶を再開し、新しいチューダーBiwan P01を繁殖させるためにプロトタイプの腕時計からインスピレーションを得ました。

ジャガー・ルクルトポラリス・クロノグラフ ピンクゴールド 902245

Ref.:9022450
ケース径:42mm
ケース素材:ピンクゴールド
ストラップ:レザー
防水性:10気圧
ムーブメント : 自動巻き、Cal.751H(ジャガー・ルクルト製)、毎時28,800振動、37石
仕様:12時間カウンター、クロノグラフ、30分カウンター、時、分表示、タキメーター、チャコールグレーダイヤル

「ジャガー・ルクルト ポラリスは、自分の日常生活のどんなシーンにもフィットする魅力的な時計で、どんなときでも付けるようにしています」と、昨年ジャガー・ルクルトのフレンズ・オブ・ブランドに加わったカヴィルはコメントしました。「私がジャガー・ルクルトと出会ったのは、同ブランド主催のゴールデンカップ・マッチに招待されたことがきっかけです。また、カウドレー卿の家で行われた昼食会に参加できたことも非常に幸運であり、馬の背中上ではなかったけれど、地面の上でポロクラブの振り方を教えてもらえたことは非常に楽しいひと時でした。」


  ダミアン・フォクシーによって最近行われたジャガー・ルクルト用の写真撮影では、カヴィルはジャガー・ルクルト ポラリス・クロノグラフを選びました。このジャガー・ルクルトのポラリス・コレクションは、1968年製造の象徴的なモデル、メモボックス・ポラリスの誕生50周年を記念して作られたものです。


  古典的な英国スタイルにこだわりを持ちながらも、自身の演技スタイルにも情熱を注ぐ役者であるカヴィルは、「モンテ・クリスト伯」でデビューしました。「スーパーマン」シリーズの映画の中でも最大の興行収入を記録した「マン・オブ・スティール」では、非アメリカ人として初めて主役のスーパーマンを演じ、その後続編として製作された「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」と「ジャスティス・リーグ」でも引き続きスーパーマン役を演じています。また、テレビドラマシリーズの「THE TUDORS?背徳の王冠?」やガイ・リッチー監督によるスパイ映画「コードネームU.N.C.L.E」でゴールデン・グローブ賞にもノミネートされ、観客を大いに魅了しました。2018年は、心理サスペンス映画である「Nomis」にて、ベン・キングスレーやスタンレー・トゥッチと対峙する役での出演が決まっています。

  なお、「ジャガー・ルクルト ポラリス」は、1968年製造の象徴的なモデル「メモボックス・ポラリス」にインスピレーションを受け、これまでのブランドのコレクション群に新たなコレクションとして加わりました。歴史的なタイムピースへの賛辞だけにとどまらず、メモボックス・ポラリスの精神を受け継ぎ、今日の活動的な男性達に向けた包括的なコレクションへと進化し、三針のJLC ポラリス・オートマティック、JLC ポラリス・クロノグラフ、JLC ポラリス・クロノグラフ・ワールドタイムに加え、ヴィンテージな風合いを加味した2つのモデル、JLC ポラリス・デイトとJLC ポラリス・メモボックスで構成されています。

パネライ ラジオミール1940 スリーデイズ オートマティック アッチャイオ PAM00933

パネライ ラジオミール1940 スリーデイズ オートマティック アッチャイオ PAM00933

Ref.:PAM00933
ケースサイズ:42mm
ケース素材:AISI 316L ポリッシュスティール
防水性:10気圧(100m)
ストラップ:アリゲーター、ブルーのファブリックストラップがスペアとして付属
ムーブメント:自動巻き、Cal.P.4000(パネライ自社製)、72時間パワーリザーブ
仕様:時、分、スモールセコンド、サンブラッシュ仕上げのブルーダイアルに夜光アワーインデックスとアラビア数字、9時位置にスモールセコンド
限定:パネライブティック限定発売

  この5つのモデルのラジオミール1940 スリーデイズは、伝統的な時計製造の地として世界で最も古い地方の心臓部といえる、ヌーシャテルのパネライ マニュファクチュールにて製造された自社ムーブメントを搭載しています。自動巻きのモデルのうち、スティールケースのPAM00933とPAM00934には、洗練されたP.4000キャリバーが採用されており、オフセンターに配された両方向のマイクロローター(ゴールドケースには22Kのゴールド製、スティールケースにはタングステン製)が3日間のパワーリザーブを叶えます。

PAM00945とPAM00946は、P.4000系で日付、GMT、24時間表示、パワーリザーブ表示機能を追加した、P.4001とP.4002を搭載しています。パワーリザーブ表示はPAM00945ではケースバック、PAM00946では文字盤で確認できます。そして残りの1つ、PAM00932には手巻きのP.3000が最も大きな47mmケースにおさめられています。風防はわずかにドーム状になったサファイアクリスタルで、パネライのクラシックかつシンプルで最も純粋なデザインです。

  ラジオミール1940 スリーデイズの防水機能は、スティールケースが10気圧(水深約100m)、ゴールドケースが5気圧(水深約50m)です。すべてのモデルは、ダイアルのカラーと完璧にマッチするブルーのアリゲーターストラップを備えています。アワーマーカーの色と同じベージュのステッチがストラップに施され、コントラストを描いています。そしてブルーにカラーリングされたエレガントなチェリーウッドのボックスに収められ、42mmサイズのモデルにはブルーのファブリックストラップが、それ以外のモデルにはブルーのラバーストラップが、スペアとして付属しています。